Simple Site

MR 日々の仕事で思う事

ジェネリックメーカーへのMR転職

MRとして仕事をして5年。
30歳を前に、少しこれからの事を考える事も増えてきました。

やっぱり先輩達を見ていると、今の会社にいて将来どういったキャリアを歩むか、順調にステップアップしていく場合と、順調にいかない場合と、分かるようになってきます。

今の自分の立ち位置。持っている数字。

これからどういった仕事をしていきたか、まだ結婚はしていませんから今のところは転勤とかも割と動きやすいのですが、親は結構年です。

とりあえず仕事に邁進!していた20代でしたが、30代は色々な事を考えなければといった事もあるのかなとも思ったり。

ただ、1,2年の間に結婚は考えていますので、そろそろ転勤はあまり無いというか、あってもエリア限定といった転勤が良いのかなと考えたりもします。

製薬業界は今少し厳しさもあり、地味にMRの人数も減少傾向らしいです。
そういえば、新規採用とか少なくなった気がします。
中途もこのところ全然入社が無いようです。

将来的な事を考えると、ジェネリックはまだ伸びしろもあるように感じますし、去年、ジェネリックメーカーに転職した友人と久しぶりに飲みに行った時、今は仕事がやりやすいし、自分は転職して満足しているよ、という話をしていましたね。

給料も落とさないで済んだし、ボーナスも期待出来そうだ、ということでちょっと興味を持ったのは確かです。

実際、ジェネリック医薬品に参入するメーカーも増えてますよね。
武田薬品、持田製薬などもそうですけれど、非常に多くの製薬会社がジェネリックに参入し始めていますよね。

やらざるを得ない、といった状況なんでしょうけれど。。

ジェネリック大手の、沢井製薬、日医工など営業利益も良いみたいですしね。

政府の目標がある限り、この流れは止められない感じなんでしょうか。

年齢を考えると、29歳と30歳で転職活動の進め方とか、求められるスキル、経験値とかも変わってくる気がします。

もう少し、じっくりキャリア、転職に関しては考えて見たいなと思っています。

MR転職・MR求人 専門サイト

臨床検査技師 転職の志望動機

記事一覧

MRから薬剤師へ転職した友人